忍者ブログ
http://yobicou.blog.shinobi.jp/
予備校
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/16 NONAME]
[08/14 ゆ~]
[08/14 ゆ~]
[06/27 会員a]
[03/28 ゆ~]
最新記事
ブログ内検索
アクセス解析
  • seo


スポンサードリンク
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


司法試験を受ける場合の為にも予備校があるそうです。

司法試験予備校は大学受験と同じぐらい、高い割合でほとんどの合格者は予備校を利用しているそうです。

予備校は、一人で司法試験などの勉強するのとは全く違って、試験の勉強や対策のノウハウをもっているので、希望すれば情報の収集と公開をしてくれるので司法試験を受験する生徒達を始め受験生にとっては、無視できない必要な情報だと考えられますね。

それに合わせ殆どの予備校は、入門講座を開講しており、試験に合格するためにどういった勉強してどのような問題を解けばいいのかなど、大学での学術的な講義とは一味違い、勉強法やアドバイスなどを多くサポートしてくれます。

そして大学で使っている教科書などで勉強すると初めて司法試験の勉強する人には難しいと考えられています。

法学部の1、2年生や、他学部の学生、他学部出身者の方が試験勉強をする時に、入門講座を用意しており、これからの勉強をより効率よくするために利用するととても勉強になると思います。

しかし司法試験の受験を受ける自体、お金がかかると言われているので予備校なんて行けないと言う方も少なくはないですね。

司法試験には通信講座などもありますし、自分で学ぶ事も可能だと思います。

でも自分で勉強すると1度で合格出来ない人が殆どでなるべくお金をかけずに勉強することは、かえって回り道になってしまうといった考えもあります。

どちらにしても受験勉強を今年受ける人やこれからはじめるという場合は、金銭面についてはお金がかかる事を頭に置いて必要だと考えた方が良いかもしれませんね。

これから司法試験を受ける皆さんも良く考えてからどうするか選んで下さいね。

PR

公務員には興味あるけど、何年も勉強していられないと思っている人は多いはず。

EYEでは平均6ヶ月間の勉強だけで地方上級、国家二種、市役所、警察官、特殊法人などの公務員試験を2次試験まで合格している人が多くいるそうです。

公務員の嬉しい理由は資格試験とは違って、公務員試験だと合格・採用されればその後定年まで安定して働くことができ、健康保険を始めとする年金制度や退職金制度なども民間より有利なので、これを機会に勉強してみてはいかがでしょうか。

EYEは、有数の公務員予備校と思われていて、その理由の中に講師陣は、厳しい選考をクリアした人のみと言うことがあげられます。

その中でも、受講生アンケートによって評価の高い講師が中心となって講義を担当してくれます。

このようにEYEの選びぬかれた講師陣とその中でも素晴らしい看板講師によるハイクオリティな講義だと、生徒の学力そしてやる気が目に見えるようにアップしているようです。

そして合格に必要な主要科目については、全回生講義などで大きなモニターをみんなで見ているビデオ講義などはなく、ライブ授業だからこその高い合格率が生み出す事が出来ると考えていると思われます。

EYEの講義内容は、インプット講義ではなく講義の中でも必ず過去問を使った知識の確認を行ない、リズム感や充実感アリの講義だと評判があります。

しかし、風邪で休んでしまったり、急な仕事で遅刻してしまっても講義はDVDで高画質の収録があり、翌日午前10時からDVDブースでの視聴が板書やレジュメ付きで休んでしまっても他の生徒に遅れを取る事なく学ぶ事が出来る素晴らしい得点もついています。

もちろん学生達のやる気もありますがこのような講義と欠席した時などのフォローのお陰で、79%の合格率が出ているのです。

大手資格スクールのフォロー制度と、その違いを比べてみるとその素晴らしさがあなたにもきっと判ると思います。

また、EYEでは講師への質問をしやすいと評判で、講師の来校する日程が月ごとに発表されているので、それをもとに自由に質問をすることが可能です。

皆さんも1度体験して通うか決めてみてはいかがしょうか。


公務員試験予備校「EYE」


最近では、予備校が増えてきてどの予備校に入ろうか迷ってしまいますよね。

ここでは、現役生や卒業生からのお勧めの予備校を幾つか紹介します。

まず1番人気が誇っていたのが、「城南予備校」です。

城南予備校はつまずいた原因をまず解消する完全個人対応のカリキュラムで分かりやすさと親切さには定評があり、それをテストや宿題なども取り入れているので理解できるようになるまで徹底的につきあってくれると言われています。

次に城南に負けない人気があるのが「秀英予備校」です。予備校ではめずらしく通信教育などにも力を入れていて、サポートデスクがいつでも用意されているので、わからない事があればいつでも相談の電話ができる事も人気の1つです。

また、骨太な学力をつけるなら「四谷学院」と言われています。徹底少人数制クラス授業で理解をして、55段階個別指導で理解を習得に導いてくれます。

生徒のペースで進めることができるため、得意科目はよりいっそう得意になり、苦手科目も他の生徒や学校などに合わせて勉強する必要も無く効率よく出来るので勉強がより一層楽しくなりますね。

「代々木ゼミナール」も人気の1つで学びたいあなたの気持ちひとつで、代ゼミ模試やたくさんのレベル別コースなど必要と考えられる学力アップのためのカリキュラムは万全です。

「東進ハイスクール」は、これくらいならできそうっていう目標設定をしてくれて、そのカリキュラムで入学試験までに確実に合格できる学力を身につける学習方法に人気があるそうです。

生徒達もちょっとずつでも前に進んでいるんだなぁという感触を確かめながら楽しんで勉強ができるそうです。

「駿台」も人気予備校の1つで資料請求・入学申込・講習申込はI-SUM Club(アイサム・クラブ)から請求して貰います。

I-SUM生だけの入試情報や学習ソフトの利用・講習会入会金免除・模試受験料割引などの嬉しい特典満載ですね。

 


編入学試験の受験者は年々増えているようで、それに対応して既に多くの予備校が編入学講座を設けているようです。

これは数字にも表れていて、受験者のおよそ10?20%は予備校を利用した事があると考えられています。

編入学試験は一般入試と違って、予備校が必ずしも大きな力を発揮するわけではないようで受験時代に数ヶ月間通った人だけでなく、独学や家庭教師を選んだ人もみんな合格することができたようです。

また、予備校によっては編入大学の情報が少なくて的外れの講義をしている、過去問がなかった・臨時のアルバイト講師など勉強にならない予備校もあります。

もっと酷い場合には、法外な授業料を請求されるなど落とし穴が多いのも事実なようでまだまだ編入に関しての予備校は選ぶ事が難しいですね。

独学では物足りなくて不安な人や、あるいは総合大学でない専門的な大学から他の専門を受験するという人は予備校に通った方が良い方法とは思いますが、志望校の編入対策がしっかりしているかなどを説明会や体験入学などで調べた上で入学した方が良い選択だと思いますね。

予備校は早いところでは、12月頃から語学の準備講座が始まります。

4月頃から編入学試験レベルの語学や専門対策が始まり、受講料は10万円?25万円くらいだと思われます。

もし希望した予備校が遠いやそんなに費用は、出せないという方は通信教育を利用する方法もありますよ。
 
皆さんに合った予備校選びをして下さいね。


■ ecc予備校

ECCは、多くの学ぶ人をサポートしてくれる企業で、英会話教室などは皆さんも知っていますね。

またECCには、大学受験などを控えた学生を応援してくれるECC予備校などもあります。

入学試験などがあるかなどの質問をたまにされますが、『申込順コース』につて、コース受講認定をうける必要はないようです。

しかし、『選抜コース』につきましては、入学に際しコース受講認定をうけていただく必要があるそうです。

そして、コース受講認定をうける際には、「本校の実施するコース認定試験」のほかにも、無試験で受講認定が受ける事ができる「高校推薦」・「センター認定」・「模試認定」があります。

また、このコースでやっていけるか、ついていけるかなど、コースに迷っている人の為に、ECC予備校は前期で下準備としてどのコースも基礎を徹底して勉強するといった授業法になっています。

前期は、ワンランク下のクラスから始めて基礎学力をしっかりと身につけてから後期から通常のクラスで頑張るといったことも出来ます。

途中で志望が変わった場合のクラス変更にも柔軟で、本的にクラス変更は前期と後期の間の1回対応してくれます。

他にもこれから先のクラスの授業についていけるかなど個人の状況に応じてチューターがアドバイスしてくれるのも嬉しいですね。

そして、人は教科によって得意、不得意がありますね。ECCは「基礎重視」の授業を展開していますので、一から勉強を始められる方でも大丈夫だそうです。

その結果として毎年、選択科目を変えた生徒や文転・理転した生徒がいますが、一年間ECCで学んだ結果、志望校合格を果たしています。


前のページ | HOME |  次のページ
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 予備校あれこれ ] All Rights Reserved.