忍者ブログ
http://yobicou.blog.shinobi.jp/
予備校
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/16 NONAME]
[08/14 ゆ~]
[08/14 ゆ~]
[06/27 会員a]
[03/28 ゆ~]
最新記事
ブログ内検索
アクセス解析
  • seo


スポンサードリンク
フリーエリア
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


公務員には興味あるけど、何年も勉強していられないと思っている人は多いはず。

EYEでは平均6ヶ月間の勉強だけで地方上級、国家二種、市役所、警察官、特殊法人などの公務員試験を2次試験まで合格している人が多くいるそうです。

公務員の嬉しい理由は資格試験とは違って、公務員試験だと合格・採用されればその後定年まで安定して働くことができ、健康保険を始めとする年金制度や退職金制度なども民間より有利なので、これを機会に勉強してみてはいかがでしょうか。

EYEは、有数の公務員予備校と思われていて、その理由の中に講師陣は、厳しい選考をクリアした人のみと言うことがあげられます。

その中でも、受講生アンケートによって評価の高い講師が中心となって講義を担当してくれます。

このようにEYEの選びぬかれた講師陣とその中でも素晴らしい看板講師によるハイクオリティな講義だと、生徒の学力そしてやる気が目に見えるようにアップしているようです。

そして合格に必要な主要科目については、全回生講義などで大きなモニターをみんなで見ているビデオ講義などはなく、ライブ授業だからこその高い合格率が生み出す事が出来ると考えていると思われます。

EYEの講義内容は、インプット講義ではなく講義の中でも必ず過去問を使った知識の確認を行ない、リズム感や充実感アリの講義だと評判があります。

しかし、風邪で休んでしまったり、急な仕事で遅刻してしまっても講義はDVDで高画質の収録があり、翌日午前10時からDVDブースでの視聴が板書やレジュメ付きで休んでしまっても他の生徒に遅れを取る事なく学ぶ事が出来る素晴らしい得点もついています。

もちろん学生達のやる気もありますがこのような講義と欠席した時などのフォローのお陰で、79%の合格率が出ているのです。

大手資格スクールのフォロー制度と、その違いを比べてみるとその素晴らしさがあなたにもきっと判ると思います。

また、EYEでは講師への質問をしやすいと評判で、講師の来校する日程が月ごとに発表されているので、それをもとに自由に質問をすることが可能です。

皆さんも1度体験して通うか決めてみてはいかがしょうか。


公務員試験予備校「EYE」

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
クラス担任制 -EYE研究-
公務員予備校グローバルEYEにある珍しい制度が「クラス担任制」だ。 1人1人に担任がつき、合格までのナビゲーター役、サポーター役を演じてくれる。ホームルームを定期的に開催し、勉強の悩みにのってくれるとある。 注目すべきは、グローバルEYE卒業生の現役公務員のかたが飛び入りで参加することもある点だ。これはかなりお得で、生の仕事の話や給与待遇などを聞き触れることはなかなかできないことだと思...
URL 2007/09/03(Mon)11:31:42
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 予備校あれこれ ] All Rights Reserved.