忍者ブログ
http://yobicou.blog.shinobi.jp/
予備校
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/16 NONAME]
[08/14 ゆ~]
[08/14 ゆ~]
[06/27 会員a]
[03/28 ゆ~]
最新記事
ブログ内検索
アクセス解析
  • seo


スポンサードリンク
フリーエリア
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


秀英予備校の講師は採用試験の倍率がおよそ2005年度に12倍という難関を突破して、選び抜かれた人材と言われています。

その精鋭たちが大学入試の問題分析や研究、授業研修などの努力を積み重ね高品質の授業で生徒たちの志望大学志望学部合格までの実力をアップさせていく。

東進衛星予備校などが行っている衛星授業とは違っていて、秀英予備校の授業はすべてがライブ授業と考えられています。

そのため、生徒の授業中の表情・ノートをとる様子などから、その生徒にあった授業スピードを調節し、予習問題や演習問題などでの出来具合から間違いやすい箇所などを確認しながら授業を行うことができるそうです。

また、秀英予備校では生徒個人に対しても、サポートシステムがしかれています。

予習を始め、授業・復習のサイクルで日々の学習を進めていき、同時に復習でいったん身に着けた重要なポイントを、次回の授業でのチェックテストで確認できます。

そして定期的な全国模試や実力テストなどで総復習を行うなど、段階的に生徒が実力をつけていく環境が整っているので、このチェックテストや全国模試の結果をデータベース化して、生徒個人の最新の学習状況を把握することが出来ます。

そのテストの結果は毎回検証され、生徒の弱点が見つかればすぐに対策を講じるための指導が行われています。

このように、秀英予備校・大学受験部では、講師達が生徒個人一人ずつに親身になってくれ、志望校合格までの道のりを一緒に歩いてくれるシステムになっています。

秀英予備校は生徒だけでなく生徒の家族の要求にも耳を傾けてくれ、教師の熱い心で生徒・父母とのコミュニケーションを図り予備校運営によって社会に貢献することを経営理念とした予備校なのです。

ほかにも小学部・中学部・大学受験部・通信教育部が存在しており、さまざまな生徒のニーズにこたえていける予備校です。

秀英予備校の大きな特長が全国の大手の予備校でもすべての社員に対する正社員の比率は20から30パーセントという割合が多いと感じられます。

しかし秀英ではアルバイトの教師がいないので、すべての社員が正社員の専任教師なので、教育に対する取り組み方や生徒に対する思い入れや指導の仕方が他の予備校や学習塾とは異なっています。

このように専任教師だからこそ生徒は、親身になって相談することができ『質の高い授業』が期待できます。

また、大学受験部には100パーセント正社員の『進学アドバイザー』が親身になって生徒の進学相談にのってくれます。

この進学アドバイザーは受験指導の専門家なので各講座の担当として講師と共同しており、授業での学習状況や到達度も踏まえてより実践的な指導を行ってくれます。

進路相談などを通じて、高一の文理選択や、高二の志望校選択など通常予備校とは違い高校入学などや2年生になってから通うのではありません。

それよりもより早く大学受験体制に入れるように配慮していて、高三までには志望校合格につなげていく『受験サポート計画』という指導が秀英予備校にはあります。

この秀英予備校の建物は予備校専用設計によって建てられていた独立校舎であり、雑居ビルなどの教室で授業が行われる学習塾とは全く異なっているので、防音壁や机・いす・照明の配置などもこだわりのある構造となっています。

大学受験の勉強に最適の環境であることは、大学の地方試験会場として利用されることでも証明されていますね。

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
秀英予備校
ついに予備校にまで範囲を広げてしまいました。 というわけで、今後は予備校の紹介もします。 本日は、秀英予備校について。 2007年3月より、北海道にも大学受験部が 開設されました。 加えて、5月には札幌校開校です。 場所は大胆にも代々木ゼミナール札幌校の向かいですね 生徒獲得競争が激化するのでは 秀英予備校の講師の中で、私が知っているのは 田中...
URL 2007/09/06(Thu)04:36:17
秀英予備校で学ぶ
秀英予備校の講師は他の予備校とは少し違い、採用試験の倍率がおよそ12倍(2005年度)という難関を突破して、選び抜かれた人材と呼ばれているほど、精鋭たちが大学入試の問題分析や研究や、授業研修などの努力を積み重ねます。 こういった高品質の授業で生徒の志望大学志望学部合格までの実力をアップさせていっていると評判です。 そのために、生徒の授業中の表情、ノートをとる様子を見ながら、...
URL 2007/09/06(Thu)04:36:18
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 予備校あれこれ ] All Rights Reserved.