忍者ブログ
http://yobicou.blog.shinobi.jp/
予備校
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/16 NONAME]
[08/14 ゆ~]
[08/14 ゆ~]
[06/27 会員a]
[03/28 ゆ~]
最新記事
ブログ内検索
アクセス解析
  • seo


スポンサードリンク
フリーエリア
[30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 

美術予備校アトリエ新松戸は、千葉県松戸市にあり芸大・美大、美術高校受験専門の予備校です。

デッサンを始め油絵や色彩構成・立体構成といった基礎的な課題と発想力・表現力を高める特別授業やワークショップ等を組み合わせて、変化の激しい芸大受験や美大受験などに柔軟に対応できる力を育てる事を目的としている予備校です。

また、他にも学科対策にも力を入れているので、全国模試に年3回参加や内部模試も年3回実施・そして昼間部は週5日、毎回2時間の授業をおこなっているそうです。それでは幾つかの科を紹介したいと思います。

デザインそして工芸科の特徴というと、入試の課題は大学、専攻によって様々に対応していて、基本になるのはデッサン・色彩構成・立体構成を学ぶ所で、デザイン、工芸の課題など年間を通じて徹底的に繰り返し制作することで、しっかりとした基礎力を養ってくれます。

そして豊富な課題量が入試本番のあなたを支えてくれ、 発想力を鍛える写真演習や自由ドローイング・グループ制作、校外学習での自然観察や美術館見学など、メディア研究というようなバリエーション豊富なカリキュラムで誰にも真似出来ないユニークな作品を作る為の必要な発想力を鍛えてくれます。


 
また油画科の特徴は、 基礎力プラス発想力を身に付ける事が基本となっていて、基礎力を身につける為に、まず手を動かすことと基本的な課題を繰り返して表現の土台を作りから始まります。

さらに油画に必要とした古典技法やコンピュータ・グラフィックスなど、ゼミ形式の授業で発想力を鍛えており、オリジナリティあふれる作品を目指しています。

他にもアトリエ新松戸は、経験をすることが合格への近道と考えていて、自分の目標としている大学の入試傾向に合わせた課題を数多く制作し、それにあたりきめ細かなクラス編成を行っていて、志望校別に別れ、週6日受講の「総合」・「日大」「女子美」クラス、週3日受講の「教育美術」クラスを設けてきめ細かな対応をおこなっています。

         アトリエ新松戸

   

 

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
出目金
一応、出目金です。 子供が、美術系の大学に行きたいと言い出し、 今まで全く、そういった勉強をしていなかったので、今更ですが、夏休みから美術の予備校に通っています。 予備校というと、数学とか英語とか学科を教えるものだと思っておりましたが、 美術の予備校というものがあった。 驚いていたら、子供の先輩は、体育系の大学に行くために、体育の予備校に通っていたらしい。ふ~ん、色々あるんだ。
URL 2007/09/15(Sat)03:53:07
ラクガキ紹介028『僕に目標をくれないか?』
※この記事は削除した『えぬろぐ』に掲載されていたものです。今回のラクガキはデザイン科の各部屋を分割する可動式の壁に書かれています。作者、制作時期ともに不明ですが、毎年同じような心境に陥る人がいるのではないでしょうか。ラクガキの作者はそういった人たちの代弁者でもあるのです。言うまでもなく、私の務める予備校で学ぶ学生にとって当面の目標は「美術系の大学に合格すること」であるはずです。その先にはかなり明確なものから「なんとなく」的な希望も含め、それぞれが掲げた人生の目標があって、それ...
URL 2007/09/15(Sat)03:53:07
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 予備校あれこれ ] All Rights Reserved.